PoE(Power over Ethernet)スイッチ

1.PoE(Power over Ethernet)とは

 PoE(Power over Ethernet)は、パソコンや複合機などイーサネット(Ethernet)を利用する機器が使用しているLANケーブルを使って電力を供給する技術です。現在ではIP電話機やIPカメラ、無線LANアクセスポイントなどを設置する際に利用されます。
 

2.メリット

  • 工事免許が要らない
    • 電力を必要とする機器を設置する場合、電気配線工事を行う必要があります。 電気配線工事には資格が必要で、ネットワーク敷設作業以外にも専門の電気工事事業者へ依頼しなければいけません。 しかし、PoEを利用するとネットワーク工事だけで作業が終わりますので、工期や費用を抑えることができます。
  • 設置環境がスッキリ
    • データ通信用のLANケーブルと電力用の電源ケーブルを1本にまとめる事ができるので、レイアウトがスッキリします。
  • 電源の管理・制御が簡単
    • スケジュール機能などをサポートしている機器を使用すると、PoEで動作している端末の電力をOff/Onする事ができますので、 利用の制限や使用していない時間帯に電力を停止する事ができます。
 

3.PoEの仕組み

 PoEはイーサネットケーブルを利用して48Vの電力を供給し、接続した機器を稼動させます。利用するためには給電(PSE)に対応したスイッチングハブと受電(PD)に対応した機器が必要となります。
  • 給電(PES) PSE(Power Sourcing Equipment) ー 電力を供給する機器になります。
    • 主な給電対応機器にはスイッチングハブやPoEインジェクターなどがあります。
  • 受電(PD) PD(Powered Device) - 電力を受ける機器になります。
    • 主な受電対応機器にはIPカメラ、無線アクセスポイント、IP電話などがあります。
 PoE_Overview_01
 
 

4.他社との接続性について

 PoEは標準規格なので給電と受電のメーカーが違っていても問題なく接続できます。ただし、標準規格が決まる前の古い製品(2003年頃)は標準規格をサポートしていない場合がありますので、規格に対応しているか確認が必要です。
 
 

5.PoEの規格

 PoEの標準規格としてIEEE802.3afとIEEE802.3atがあり、afは15.4Wでatは30Wまで対応しています。   
 IEEE802.3afをPoE(ピーオーイー)、IEEE802.3atをPoE+(ピーオーイープラス)と呼んでいます。
 
 

6.PoEのクラス

 PoE/PoE+対応の機器は電力に応じて0~4のクラスに分けられます。 受電機器(PD)は給電機器(PSE)に接続すると、クラスの情報を給電側(PSE)に送信し、給電側(PSE)は受電側(PD)のクラスに応じて自動的に供給電力を調整します。
クラスがあがるにつれて必要な電力量も大きくなり、クラス4はPoE+対応の機器だけが使用することができます。
クラス0は、クラスが未定義の場合などに使用されます。
poe_04
 

7.利用できるケーブル

IEEE802.3afではカテゴリ3以上のLANケーブル、IEEE802.3atではカテゴリ5e以上のLANケーブルを利用するように決められています。 
ただし、現在のネットワークは1Gのネットワークが主流になっていますので、カテゴリ5e以上のLANケーブルを利用することをお勧め します。
 
 

8.PoEパススルー

PoE受電(PD)対応のスイッチングハブが受け取った電力で稼動しながら、さらに受け取った電力をアクセスポイント、IPカメラなどの機器に電力を中継する機能です。 
PoEを利用できる最大距離はイーサネットの規格で決められた100mまでとなりますので、工場などでは距離が足りない場合があります。そのようなときにPoEパススルー機能を利用するとさらに100m、合計200mまでPoEで利用する距離を伸ばすことができます。
 poe_02
 

良くある質問

 

Q1.PoE対応ポートにPoEに対応していない機器を接続して大丈夫ですか。

大丈夫です。通常のイーサネットポートとして利用できます。 
スイッチはPoEに対応している機器かを検出することができます。 
PoEに対応していない機器が接続された場合、イーサネットポートから電力を流すことはありません。 
(ただし、安価なPoEインジェクターはPoE機器を検出する機能がない場合がありますので、PoE対応機器以外の接続はおすすめできません。)
 
 

Q2.特別なケーブルを使用する必要はありますか。

一般的なLANケーブルで大丈夫ですが、カテゴリ5e以上のケーブルを使用することをお勧めします。
 
 

Q3.PoEを利用する時のケーブルの長さに制限はありますか。

イーサネットの規格で決められた100mまでとなります。
 
 

Q4.PoEに対応した機器をPoEスイッチの全てのポートに接続して使えますか。

PoEの導入が初めての方や、PoE受電機器の詳細が不明な場合などは、仕様の電力量x台数分の総量を供給できるパワーバジェット(スイッチ全体の供給電力量)を持つPoEスイッチを選択することをお勧めします。
例:15.4W(af) x4台= 62W, スマートスイッチであればGS510TLP(75W)となります。
 
 

Q5.ネットギアでPoE対応の製品はどれですか。

製品の型番に"P"が付く製品がPoE対応の製品となります。(例:GS110TP)
 
 

Q6.PoE給電を利用するために設定を行う必要がありますか。

ネットギアの製品は初めから電力を供給するように設定しています。
管理機能の有無に関わらず、全ての製品で電源を入れるだけでPoEの給電機能を利用できます。
 
 

Q7.スイッチの給電能力の上限を超えたらどうなりますか。

電力が足りない場合はPoEデバイスが起動しなかったり、再起動するなど安定した稼動ができなくなります。
標準設定ではポート番号の小さい側が優先されますので、例えば8ポートPoEスイッチで全てPoEを利用していて、電力が足りなくなった場合はポート番号が一番大きい8ポート目から電力供給が止まります。
 
 

Q8.給電しない設定はできますか。

スマートスイッチ以上のPoEスイッチかアプリ&クラウドスイッチで可能です。
 
 

Q9.ポート毎にPoE機器の電力を止めて再起動できますか。

スマートスイッチ以上のPoEスイッチかアプリ&クラウドスイッチで可能です。
 
 

Q10.ネットギアの製品は、Type A, B(Alternative A, B)どちらでしょうか。

ネットギアの製品はType A(Alternative A)です。
 
 

Q11.受電機器はタイプによってつながらない場合がありますか。

PoEで動作する製品(PD)は規格でType A, B(Alternative A, B)両方をサポートするように決められていますので、どちらのタイプのスイッチを使用しても動作します。
(ただし、規格ができる2003年6月以前に製造された製品はどちらかのタイプのみを実装している可能性があります。)
 
 

Q12.Type A, B(Alternative A, B)って何が違うのですか。

「オルタナティブA(TypeA)」と、「オルタナティブB(TypeB)」の方式があり、RJ-45コネクタ電力を通すピンがAとBで違います。
 
poe_03
 
 

Q13.PoEの設定でLegacyを選択するとどうなりますか。

IEEE802.11afが標準化される前の古いCisco製品と接続するための設定項目のため、他の製品では動作しません。

PoE対応製品一覧

 
アンマネージスイッチ
GS108LP_s
GS108PP_s
GS116LP_s
GS116PP_s
製品型番 GS108LP-100AJS GS108PP-100AJS GS116LP-100AJS GS116PP-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 8ポート 8ポート 16ポート 16ポート
PoE/PoE+対応ポート 8ポート(PoE+) 8ポート(PoE+) 16ポート(PoE+) 16ポート(PoE+)
パワーバジェット 60W 123W 76W 183W
 
 
 
アンマネージプラス・スイッチ
header-gs105pe-3-4rt-photo-large
header-gs108pe-3-4rt-photo-large product_JGS516PE_s product_JGS524PE_s
製品型番 GS105PE-10000S GS108PE-300AJS JGS516PE-100AJS JGS524PE-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 5ポート 8ポート 16ポート 24ポート
PoE/PoE+対応ポート 2ポート(PoE) 4ポート(PoE) 8ポート(PoE) 12ポート(PoE)
パワーバジェット 19W(パススルー) 53W 85W 100W
 
 
 
クリックスイッチ / イージーマウントスイッチ

product_GSS108EPP_s product_GS408EPP_s product_GS418TPP_s
製品型番 GSS108EPP-100JPS GS408EPP-100AJS GS418TPP-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 8ポート 8ポート 16ポート
SFP/SFP+対応ポート - - 2ポート(SFP)
PoE/PoE+対応ポート 4ポート(PoE+) 8ポート(PoE+) 16ポート(PoE+)
パワーバジェット 47W 124W 240W
 
 
Insight アプリ&クラウドスイッチ
GC110P_Top_Rear_Final_Shadows GC510P_Top_Rear_Final_Shadows GC510PP_Top_Rear_Final_Shadows GC728XP_Top_Front GC752XP-Assy-12042017-Camera-.2036_350px
製品型番 GC110P-100AJS GC510P-100AJS GC510PP-100AJS GC728XP-100AJS GC752XP-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 8ポート 8ポート 8ポート 24ポート 48ポート
SFP/SFP+対応ポート - - - 2xSFP / 2xSFP+ 2xSFP / 2xSFP+
PoE/PoE+対応ポート 8ポート(PoE) 8ポート(PoE+) 8ポート(PoE+) 24ポート(PoE+) 48ポート(PoE+)
パワーバジェット 62W 134W 195W 390W 505W
 
 
 
スマートスイッチ

header-gs110tp-front-photo-large
GS510TLP_16Jan17_right_tnail
GS510TPP_16Jan17_right_tnail
MS510TXPP_27June17_left_tnail
header-gs516tp-hero-photo-large
製品型番 GS110TP-200AJS GS510TLP-100AJS GS510TPP-100AJS MS510TXPP-100AJS GS516TP-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 8ポート 8ポート 8ポート 8ポート 16ポート
10GBASE-T対応ポート - - - 1ポート -
SFP/SFP+対応ポート 2xSFP 2xSFP 2xSFP 1xSFP+ -
PoE/PoE+対応ポート 8ポート(PoE) 8ポート(PoE+) 8ポート(PoE+) 8ポート(PoE+) 8ポート(PoE)
パワーバジェット 46W 75W 190W 180W 76W

GS724TPv2_6Mar17_right
GS728TPv2_8Mar18_right
GS728TPPv2_8Mar18_right
header-s3300-28xpoe-3-4rt-photo-large
GS752TPv2_8Mar18_right
製品型番 GS724TP-200AJS GS728TP-200AJS GS728TPP-200AJS GS728TXP-100AJS GS752TP-200AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 24ポート 24ポート 24ポート 24ポート 48ポート
10GBASE-T対応ポート - - - 2ポート -
SFP/SFP+対応ポート 2xSFP 4xSFP 4xSFP 2xSFP+ 4xSFP
PoE/PoE+対応ポート 24ポート(PoE+) 24ポート(PoE+) 24ポート(PoE+) 24ポート(PoE+) 48ポート(PoE+)
パワーバジェット 190W 190W 380W 195W 380W

GS752TPP_8Mar18_right
header-s3300-52xpoe-3-4rt-photo-large



製品型番 GS752TPP-100AJS GS752TXP-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 48ポート 48ポート
10GBASE-T対応ポート - 2ポート
SFP/SFP+対応ポート 4xSFP 2xSFP+
PoE/PoE+対応ポート 48ポート(PoE+) 48ポート(PoE+)
パワーバジェット 760W 390W
 
 
 
フルマネージスイッチ
header-M4100-12GF-3-4rt-photo-large M4200-10MG-PoE-plus_right header-M4100-24G-POE-plus-3-4rt-photo-large-1 M4300-28G-PoE-plus_right M4300-28G-PoE-plus_right
製品型番 GSM7212F-100AJS GSM4210P-100AJS GSM7224P-100AJS GSM4328PA-100AJS GSM4328PB-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 12ポート 8ポート 24ポート 26ポート 26ポート
10GBASE-T対応ポート - - - 2ポート 2ポート
SFP/SFP+対応ポート 12xSFP 2xSFP+ 4xSFP 2xSFP+ 2xSFP+
PoE/PoE+対応ポート 4ポート(PoE+) 8ポート(PoE+) 24ポート(PoE+) 24ポート(PoE+) 24ポート(PoE+)
パワーバジェット 150W 240W 380W 480W 630W
header-M4100-50G-POE-3-4rt-photo-large M4300-52G-PoE-plus-right-may M4300-52G-PoE-plus-right-may
製品型番 GSM7248P-100AJS GSM4352PA-100AJS GSM4352PB-100AJS
10/100/1000BASE-T対応ポート 48ポート 50ポート 50ポート
10GBASE-T対応ポート - 2ポート 2ポート
SFP/SFP+対応ポート 4xSFP 2xSFP+ 2xSFP+
PoE/PoE+対応ポート 48ポート(PoE+) 48ポート(PoE+) 48ポート(PoE+)
パワーバジェット 380W 480W 591W

PoEスイッチ設定例

1.PoE給電をOFF/ON(停止・開始)する

 ・北海道オフィスに設置してある防犯用のIPカメラがフリーズ。
    でもラックの鍵は東京のIT担当が持っている。。
 ・ホテルで宿泊者向けに設置しているWiFiがフリーズ。早く復旧させたい。
 
こんな経験や話を聞いたことありませんか?
ネットギアのスマートスイッチシリーズとフルマネージスイッチシリーズなら、
Webコンソールで簡単にPoE給電をOFF/ONし、接続する機器を再起動する事ができます。

2.PoE給電をスケジュール機能を使ってOFF/ONする。

 ・WiFiを利用しない時間帯は無線APを停止したい。
 ・特定の時間帯だけWiFiの利用を制限したい。
 
こんな経験や話を聞いたことありませんか?
ネットギアのスマートスイッチシリーズとフルマネージスイッチシリーズなら、
Webコンソールで簡単にPoE給電のスケジュールを設定し、
自動で接続する機器の停止、起動を行うことができます。