一番売れてるPoEスイッチ「GS108PE」が日本専用モデルでリニューアル!

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、中小規模のネットワークで必要とされる設定・管理機能をアンマネージスイッチにプラスした、新しいカテゴリーのレイヤー2 LANスイッチのアンマネージプラス・スイッチ『GS108PE』の製品型番を変更し、日本専用モデルとして2018年10月3日より発売します。

アンマネージプラス・スイッチ『GS108PE』は全ポートが10M/100M/1Gに対応し、4ポートが1ポートあたり15.4W(PoE)の電力をデバイスへ供給することができ、VLANやQoS、リンクアグリゲーションなどといった一般的にネットワークで利用される機能を、アンマネージスイッチにプラスした小規模ネットワークに最適な製品です。中小規模ネットワーク分野において20年以上の実績を持つNETGEARは、業界に先がけより簡単にネットワークを利用できる製品を提案してきました。
この度『GS108PE』が日本語対応いたしましたので、日本専用モデルとして型番を変更し発売いたします。
なお、旧型番のGS108PE-300AJSは在庫分をもちまして販売終了となります。
GS108PE_02
GS108PE_01
GS108PE
■製品情報
製品型番:GS108PE-300JPS
・10M/100M/1G x8ポート
・1-4ポートがPoE(全体53W)に対応
・日本語WEB管理画面
・VLAN, QoS, ポートミラーリング
・壁面設置用のウォールマウントキット付属
・ファンレス静音設計
・外部AC電源
・ライフタイム保証
・サイズ(W x D x H):158 x 101 x 29 mm
・重量:0.54 kg
・定価(税別): ¥19,000

■新旧型番の違い
GS108PE_03
  ※ハードウェアの機能や性能については新旧で違いはありません。
 
 
■製品詳細情報

■アンマネージプラス・スイッチとは
VLANやQoS、リンクアグリゲーションなどの一般的にネットワークで利用される機能を、アンマネージスイッチにプラスした小中規模ネットワークに最適な製品です。