MANAGEMENT

パトリック・ロー

会長兼最高経営責任者

パトリック・C・S・ローはNETGEARの創業者の1人で、2002年3月から会長兼最高経営責任者を務めています。共同創業者のマーク・G・メリルとともに、世界中の人々が情報、通信、商取引、教育、娯楽に高速インターネット接続を利用できるような機器を提供するという独自のビジョンのもとにNETGEARを創業しました。1983年から1995年までHewlett-Packardに在職し、セールス、テクニカルサポート、製品管理、マーケティングなど米国およびアジアの幅広い部門でマネージメントを担当しました。ローは、2006年にはErnst & Youngの『National Technology Entrepreneur of the Year』に選出されました。ローは、ブラウン大学で電気工学の理学士号を取得しています。

ブライアン・マレー

最高財務責任者

ブライアン・マレーは、2018年8月より最高財務責任者を務めています。NETGEARで16年以上にわたり、財務部門内のさまざまな管理職を経験し、最高財務責任者に就任する前は、NETGEARの財務担当バイスプレジデントおよび経理会計責任者を務めました。2001年にNETGEARに加わる前は、Deloitte会計事務所にて公会計業務に従事していました。マレーは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で文学士号を取得し、公認会計士の資格を持っています。

マーク・メリル

最高技術責任者

マーク・G・メリルは当社の創業者の1人であり、現在は最高技術責任者を務めています。この役職においてもメリルは引き続き新興市場での取り組みを率い、当社のワイヤレスネットワーク製品が技術的リーダーシップをとれるようRFエンジニアリングチームと緊密に連携しています。過去には、2013年5月から2015年1月まではアドバンストエンジニアリング担当のシニアバイスプレジデントを、2003年1月から2013年4月までは最高技術責任者を務めました。1999年9月から2003年1月まではエンジニアリング担当のバイスプレジデント、1995年9月から1999年9月まではエンジニアリング担当の取締役を務めています。メリルは、スタンフォード大学で電気工学の理学士号および理学修士号を取得しています。

ジョン・マクヒュー

中小企業向け製品およびサービス担当シニアバイスプレジデント

ジョン・P・マクヒューは当社の中小企業向け製品およびサービス担当シニアバイスプレジデントとして、業界トップクラスの中小企業向けネットワークおよびストレージソリューションの開発と販売を監督しています。2013年7月にNETGEARに加わる前は、NortelとHewlett-Packardで商用ネットワーク部門を率いていました。これまでの経歴において、研究開発、マーケティング、製造の分野で舵取りをしたほか、12年以上に及ぶ統括管理の経験もあります。マクヒューは、ローズハルマン工科大学で電気工学とコンピューターサイエンスの理学士号を取得しています。

マイケル・ファルコン

最高執行責任者

マイケル・F・ファルコンは、2017年11月以降、当社の最高執行責任者を務めています。2009年1月から2017年11月までは世界オペレーションおよびサポート担当シニアバイスプレジデント、2006年3月から2009年1月まではオペレーション担当シニアバイスプレジデント、2002年11月から2006年3月まではオペレーション担当バイスプレジデントを務めました。NETGEARに加わる前は、1999年9月から2002年11月までは、Quantum Corporationにて、オペレーションおよびサプライチェーンマネジメント担当バイスプレジデントを務め、1999年4月から1999年9月までは、Meridian Data (Quantum Corporationが買収) にて、オペレーション担当バイスプレジデントを務め、1989年2月から1999年4月までは、Silicon Valley Groupにて、オペレーション、戦略プランニング、サプライチェーン管理担当の取締役を務めました。1989年2月以前、ファルコンは、電子機器メーカーSCI Systems、スキャンおよび文字認識ソリューションのプロバイダーXerox Imaging Systems、軽量な通信ヘッドセットのプロバイダーPlantronics, Inc.で、管理職を歴任しています。ファルコンは、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で経済学の学士号を優等で取得し、サンタクララ大学のM.B.A.プログラムを修了しています。

アンドリュー・キム

経営企画担当シニアバイスプレジデント兼相談役兼総務部長

アンドリュー・W・キムは、2013年7月から当社の経営企画担当シニアバイスプレジデント兼相談役兼総務部長を務めています。2008年10月から2013年7月までは、法務および経営企画担当バイスプレジデントおよび総務部長を、2008年3月から2008年10月までは、準相談役を務めました。NETGEARに加わる前は、2000年から2003年、および2006年から2008年までは、民間の法律事務所Wilson Sonsini Goodrich & Rosatiの会社法および証券法部門の特別弁護人として、合併や買収、デットファイナンス/エクイティファイナンスの手配、証券法の遵守、コーポレートガバナンスなど、公開会社/非公開会社の幅広い事案で代理人を務めてきました。Wilson Sonsini Goodrich & Rosatiでの2回の在職期間の合間には、イリノイ州シカゴの法律事務所Schwartz Cooper Charteredでビジネスおよびファイナンス部門のパートナーに就任し、イリノイ工科大学で非常勤教授として起業について教えました。キムは、コーネル・ロースクールで法務博士(専門職)を、エール大学で歴史学の文学士号を取得しています。

タメサ・ロジャース

人事担当シニアバイスプレジデント

タメサ・T・ロジャースは、2013年7月から人事担当シニアバイスプレジデントを務めています。2009年1月から2013年7月までは人事担当バイスプレジデントを、2006年9月から2009年1月までは世界人事担当部長を、2003年12月から2006年9月までは人事担当シニアマネージャーを務めました。2000年3月から2003年12月までは、PEO(共同雇用)会社TriNet Employer Groupの人事マネージャーとして、シリコンバレー中のテクノロジー企業に人事コンサルティングを提供してきました。TriNetの前には、北カリフォルニアのいくつかの企業でさまざまな人事業務に携わっています。ロジャースは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校でコミュニケーション学の文学士号を、カリフォルニア州立大学ヘイワード校でカウンセリングの理学士号を取得しています。

デビッド・J・ヘンリー

コネクテッドホーム製品担当シニアバイスプレジデント

デビッド・J・ヘンリーは、コネクテッドホーム製品担当シニアバイスプレジデントを務めています。ホームネットワーク製品の戦略から開発、供給まで、世界全体の製品マーケティングとエンジニアリングを担当しています。2004年7月にNETGEARに入社し、現職に就く前は2011年3月から2016年1月までリテール部門の製品管理担当バイスプレジデント、2010年10月から2011年3月まで製品マーケティング担当の専務取締役でした。NETGEARに加わる前は、Siebel Systems(Oracle Corporationが買収)のハイテクバーティカルアプリケーション担当のシニアプロダクトマネージャーとして活躍しています。そのほか、Deloitte Consultingでビジネスプロセスや情報テクノロジーのコンサルティングに携わった経験もあります。ヘンリーは、ワシントン大学で信号処理を専門とする電気工学の理学士号を、スタンフォード経営大学院でM.B.A.を取得しています。

マイケル・A・ワーダン

ワールドワイドセールス担当シニアバイスプレジデント

マイケル・A・ワーダンは2015年10月に現在のワールドワイドセールス担当シニアバイスプレジデントに就任し、それ以前の2015年3月から同年10月まではコンシューマー向け製品のセールス担当ワールドワイドシニアバイスプレジデント、2003年12月から2015年3月までは南北アメリカのセールス担当バイスプレジデントを務めています。1998年の入社以降、同年10月から2002年12月までは東部地区のセールス担当取締役、2002年12月から2003年12月までは米国のセールス、Eコマース、DMR担当取締役を歴任してきました。NETGEARに加わる前は、コンピューターハードウェア企業Iomega Corporationで付加価値再販業者を担当する取締役として3年間貢献しました。ワーダンは、シートンホール大学でコミュニケーション学の理学士号を取得しています。