デスクトップ型ReadyNAS

ReadyNASは、最先端のデータ保護技術を中小・中堅規模ビジネスのお客様にもお求めやすい価格で提供します。

すべてのReadyNASラインナップは、最新のLinuxカーネル バージョン4をベースに作られたReadyNAS OS 6と先進的なBtrfsファイルシステムにより構成されています。中小・中堅ビジネス向けストレージシステム市場における最高の5レベルデータ保護機能を標準装備し(X-RAID、実施回数に上限のないスナップショット、ビットロットプロテクション、リアルタイムアンチウィルス、オフサイトレプリケーションを簡単に実現するReadyDR)、さまざまなリスクからビジネスデータを護ります。

HDDを2台搭載できる最小モデルから4台、6台、8台まで搭載可能なラインナップ、標準的なギガビットネットワーク(1000BASE-T)モデルと10倍高速な10ギガビットネットワーク(10GBASE-T)モデルもご用意し、データ共有・保護に対する中小・中堅ビジネスのあらゆる要求に応えます。

ReadyNASの管理画面は、デスクトップ型・ラックマウント型含めて全機種共通です。ビジネスの成長に合わせてNASをより容量の大きいもの、高速なものに置き換えていっても操作方法を覚え直す必要なく使い続けられます。

ReadyNASデスクトップシリーズ

ラックマウント型ReadyNAS

業界標準の19インチラックに収容可能なラックマウント型ReadyNASは、HDDを4台搭載可能な最小モデルから12台、60台まで搭載可能なラインナップを取り揃えています。

わずか1Uラックサイズに12台もの3.5インチHDDを搭載できるモデルもご用意しており、従来は12台のHDDを収容するのに必要だった2Uラックスペースに2倍(HDD 24台分)のデータ保存領域を確保することを可能としました。4Uラックサイズに60台の3.5インチHDDを搭載できるモデルは、拡張ユニットを増設することで最大132台の3.5インチHDD(最大1.3ペタバイト)もの大容量保存領域を実現します。

最大160人の同時アクセスでもストレスなく処理できるモデルには、従来のネットワーク(1000BASE-T)の10倍高速に通信可能な10ギガビットネットワーク(10GBASE-Tまたは10G SFP+)を2ポート標準搭載しており、中堅企業のファイルサーバーやiSCSIを用いた仮想サーバーのリモートディスクとしてもお使いいただけます。

すべてのReadyNASラインナップは、NETGEAR独自のReadyCLOUDを標準装備しています。ReadyCLOUDにより、ReadyNASへのリモートアクセスとファイル共有を実現するプライベートクラウドをかつて無く簡単に実現します。VPNのセットアップは不要、ルーターやファイアーウォールのポートフォワーディング設定も不要、Dynamic DNSも不要です。

ReadyNASラックマウントシリーズ